行事の名残り




11月
☆11月2日 了慶寺の報恩講 盛大に勤まりました。


 法話は広瀬町教善寺の遊亀孝文先生でした。


☆11月3日 日曜学校のこども報恩講をつとめました。寺の都合で一日予定を繰り上げたので出席者は半減しましたが、きれいな御荘厳の前で、「ひょうびゃく」を朗読したり、親鸞さまの歌を清書したり、おときを楽しんだりしました。みんなよい仏の子たちです。









10月
 ☆ ドイツの仏教真宗教団から出されている"Shinshu Newsletter October 2018"
  の3頁一面に、当寺ホームページ所載の
    「心のしおり」(「辞められません」”I Can't Quit")
    「掲示法語」(8月「死ぬけいこ」 9月「近角常観師と白井成允先生」)
    「俳句カレンダー」(9月)
  の英訳"が載りました。(10月3日到着)
   日本…越前の田舎からの法信が、ヨーロッパにまで伝わっていることを喜んでいます。
  
    
20181004 I Can't Quit---Germany.pdf


9月
 ☆9月21日~23日早朝(6:00~7:00)、彼岸会の最中に
 「本三部経音読錬成会」を開きました。10人ほどの熱心な門信徒
 さんが参加され、三部経全巻を読誦しました。






◎「お月さまが見てる」 子ども~老人用の短編法話のCDと台本(画像)ができました。
  希望の方にお貸しできます。
  


8月
 8月26日(日)に王子日校生が池田町へマイカー遠足に行きました。
 子どもおもちゃハウス、ウッドラボ、東俣道場参詣、コンニャク道場
 で実習、牛舎見学など、普通の市街ではできない体験をしてきました。








7月
第32回目の暁天講座を開催しました。
7月23日序講「業苦からの解放」当住 藤枝宏壽担当


7月24日 本講「信心正因・称名報恩」真光寺住職 朝倉乗恵師




6月

大雪で損傷した本堂屋根の修復をしてもらい、「足場」が大事だと教えられた次第。





5月
  5月27日 永代経で安野龍城師の御法話をいただきました。。



  5月6日 王子日曜学校でお釈迦さまのご誕生をお祝いする 花まつり をしました。
 












4月

 4月8日 14:00より 安らぎの会 
   国高ハーモニカクラブの演奏 (アトラクション) 



  「しわせなら手をたたこう」など11曲目を演奏・・・好評でした。



4月9日  後藤又兵衛桜 を観光  (1)


     後藤又兵衛桜 (2)


     後藤又兵衛桜 (3)  奈良県宇陀市
























2月
群萌がドイツへ
 ◎ドイツの "Shinshu News Letter, Februar 2018" に, 『群萌』198号に書いた拙稿「称え
させ手」の英訳 "The One Who Makes You Say the Nembutsu" が転載されました(クリック)。


2月大雪 2月5-6日、12-13日、二度の大雪で本堂・庫裡は雪に埋もれる・・・だが
           雪覆う中に立ちます仏あり
           山をなす雪さわりなき無碍光仏  愚石




1月末          雪中閑静 



H30(2018)
    日曜学校新年会 誓い清書 と カルタ取り




平成30年を迎える   百八法句一覧
 ここ◆をクリックしてください 

     
        除夜鐘の番号札としてお渡しした法句短冊(サンプル)




29(2017)年

      本山毫摂寺前御門主 善明上人の揮毫軸が2本 表具され 
      本多副昌公の寺号軸の両脇にかけて迎春です。





11月28日本山毫摂寺第26代御門主がご巡化されました。




11月2日 報恩講が勤まりました。
★遊亀孝文師の法話
  



★ DVD『親鸞聖人物語』(紙粘土人形で描写)視聴






日曜学校から老人ホーム訪問 (10月1日)
 
王子日曜学校生徒が老人ホーム寿楽苑・第2和上苑を訪問し、おつとめ唱和、DVD「くもの糸」の鑑賞、クイズ交 換、歌の合唱などをして、老人さんらと楽しい一時を過ごしました。

  





リンク



秋季彼岸会法話 
梶原佑倖師「涙にやどる仏」




本三部経音読錬成会(9月21日~23日朝6時から1時間)










王子日曜学校 敦賀へマイカー遠足(9月3日)
①良覚寺へ参拝


②子どもの国で


③ 船にのって敦賀港湾の見学



④ちくわ作りの体験





?!寺庭の本尊石から百日紅の花が咲いている!?
          どうしたのでしょう?