ZS 保険と免責

 自動車保険に入っていれば安心と思うが「免責」が
ある。飲酒運転、交通法規違反、自殺・・・など。その
時は保険金は出ないという。
 神仏に〝祈る〟人は「保険」をかけているつもりで、
あち、こちと詣り、適当にお賽銭をうつ。しかし「免責」
がある・・・例えば「殺生したもの」「人の悪口をいった
者」「けがれたまま詣ってきたもの」「賽銭を惜しみな
がらうった者」・・・などがあったらどうする?
 しかし、阿弥陀如来の本願には(もちろん「保険」で
はないが)〝免責〟はない。「唯除五逆誹謗正法」は
〝免責〟のようだが違う。まだ罪を犯していない者の
ために、五逆や謗法という大罪は犯すなよという「抑
止」(おくし)の心があると同時に、万が一にも犯してし
まった者は、泣く泣くこれを救うという摂取(せっしゅ)
の心とがこめられているのである。如来は十方の
衆生を一子のごとく憐念される。親はどの子も免責に
できないのである。
 そのやるせない親の心に子は泣くのみである。

(出典 宏壽 聞法ノートより)
【キーワード】 保険 免責 譬え 本願
      抑止文 摂取 一子 憐念