TK 幸福度(H23年)

日本で一番幸せな都道府県は?-法政大学が研究発表 /東京
みんなの経済新聞ネットワーク 11月9日(水)16時2分配信


40の指標に基づいた47都道府県の「幸せ度」ランキングを
発表した法政大学大学院政策創造研究科坂本光司教授

 法政大学(千代田区富士見2)は11月9日、同大学大学院
政策創造研究科坂本光司教授らによる47都道府県の「幸せ
度」に関する研究結果を発表した。(市ケ谷経済新聞)

 坂本教授と社会人学生10人による今回の調査研究では、
「幸福度」という視点で47都道府県の実態と課題を評価分析。
さまざまな社会経済統計を利活用して抽出した40の指標を
「生活・家族部門」「労働・企業部門」「安全・安心部門」「医療・
健康部門」に分け、それぞれの指標の順位による10段階評
価の合計から「総合平均評点」を計算しランキングした。

 研究の結果、総合ランキング1位に輝いたのは「福井県」(7.23)
で、第2位=富山県(7.20)、第3位=石川県(6.90)と北陸3県が
ベスト3を占める結果となった。以下、4位=鳥取県、5位=佐賀県、
6位=熊本県、7位=長野県、8位=島根県、9位=三重県、10位
=新潟県と続き、38位=東京都、39位=福岡県、40位=青森県、
41位=沖縄県、42位=京都府、43位=北海道、44位=埼玉県、
45位=兵庫県、46位=高知県、47位=大阪府。

 上位3県に共通することとして、坂本教授は「日本海側に位置し、
東京から離れた人口100万人前後の県。ものづくり、第二次産業が
集積している。失業率の低さや保育所定員の高さなど就業環境や
子育て環境も整っていることがうかがえる」と説明。「上位20位まで
のうち、250万人以上の都道府県、東京圏・大阪圏の都道府県はほ
とんどない。上位の都道府県は、子ども、女性、労働者、障害者、老
人に優しい」とも。「ロケーションや規模にかかわらず、政策努力、個
人努力によって幸福度は高めることができる」と話す。

 今後は、3年に1回程度のデータ更新や地方自治体や地方金融機
関の担当者らを対象とした研修会の開催などを予定。今月中旬には
研究成果をまとめた書籍「日本でいちばん幸せな県民」の出版を予
定している。