SI 眠りと憶念

眠りと憶念
 猫は一日に18時間くらい寝るそうです。いつもうらやま
しいなぁと思いながら、寝姿を眺めています。人間は、ひ
とによって睡眠時間はまちまちです。7時間以上寝ないと、
短命になるとか、寝過ぎてもいけないとか、いろいろにい
われています。
 能科学者・茂木健一郎が、「なぜひとは眠るのか」につ
いて話していました。
 脳は起きている間、新しい情報を受け取りつづけている
そうです。昼間は、情報の受け入れに手一杯で整理する
時間がありません。そこで、脳は、眠ることによって、昼間
に得た膨大な量の情報を整理するそうです。ときには、昼
間以上に活発にはたらいているそうです。ですから、脳に
休暇はないのです。脳は、休憩のために眠るのでなく、昼
間とは違った仕事をするために、「眠り」というモードへシフ
トチェンジするのです。
 また、脳の得意なことは、たんなる記憶ではなく、新たに
得た情報から新しい意味を発見することだと言っていました。
記憶力では、とてもコンピューターにはかないません。
 そういう私もコンピューターにお世話になっているひとりで
す。たとえば「浄土」という文字が、親鸞の主著である『教行
信証』にいくつ使われているかなど、瞬時に調べることがで
きます。(ちなみに119回です)しかし、コンピューターは、文
字の関連性から思想を組み立てることはできません。
 これらの話を聞いたとき、「眠ることは、脳を休めるため」と
いう考えが間違いだと教えられました。このような脳のはた
らきを、親鸞は「憶念」といったのではないでしょうか。親鸞は
「憶念は、信心をえたるひとは、うたがいなきゆえに、本願を
つねにおもいいずるこころのたえぬをいうなり」(『唯信鈔文
意』)と述べています。「本願をつねにおもいいずるこころの
たえぬ」が、「憶念」にあたると思います。
 以前、私はこの表現を譬喩だと思っていました。「つねに」は、
目覚めている間のことで、寝ているあいだは無理だろうと。と
ころが茂木健一郎の話を聞くと、まんざら譬喩でなく、現実に
脳がおこなっている作業が、「憶念」だとわかりました。ただし、
寝ている間も憶念が継続するためには、目覚めいてる間、十
分に課題を考えておく必要があります。親鸞は「本願」について、
昼間、十分に考えていたのだと思います。
 親鸞は、夢の告げを大切にします。ただ、現代人とは夢の味
方が違います。現代人は眠ったとき、たまたま見るのが夢です。
親鸞の夢は、ある課題を昼間考えつづけ、夜は、「告げを受け
るため」に仮眠している状態で見るのです。そこには覚醒時の
脳と就寝時の脳との共同作業があります。どちらが欠けて「憶
念」にはならないのでしょう。
 (以下省略) 

文・武田 定光(たけだ さだみつ 東京都江東区 因速寺住職)

<参照 平成22年2月掲示法語
    「忘れても忘れたまわぬ親がある」>
      
(出典 「お坊さんの如是我聞」
http://www.ji-n.net/radio/nyozegamon-22.html)
【キーワード】睡眠 大脳 情報整理 憶念

【参考】茂木健一郎流 記憶術
 「朝は記憶のゴールデンタイム
 脳は日中に受けたさまぎまな刺激を、夜の睡眠時に整理し
ようとします。睡眠を取ることで記憶は定着されるのです。そ
して朝には再びクリアな状態に戻されている。従って朝こそ
が脳の働きが一番良い状態になる。いわば脳のゴ
ールデンタイムです。
 もしも睡眠を取らなければ、脳の中は未整理の情報があふ
溢れかえってしまう。そんな状態では記憶は定着しません。
脳科学的に考えれば、一夜漬けの勉強は効率的ではないの
です。
   <PHP №722 57p.>