SI 給食と合掌

富山県の中学校で、給食のとき「合掌」との号令で食事を始めることに、大阪から転校してき
た生徒の父兄から異義がでて、中止になったという。朝日新聞の記事数点。

①1986年7月08日 
給食時の「合掌」号令、中止か続行か 富山の公立小・中学校で論争

富山県内の公立小中学校で、子供たちが給食のときに「合掌」の号令とともに手を合わせ
ており、父母の-部から、特定の宗教を強制するものと中止を求める声が上がって、取りや
めた学校も出ている。県教委は「各学校の判断に任せている」として県内の三百十九校の実
態はつかんでいないが、県議会でも取り上げられるなど、「単なる慣習」かどうかをめぐり論
議が広がっている。
富山市内のある中学校は五月、合掌をやめた。きっかけは、入学式で給食を食べる前に合掌
の号令をかけることが、日直の仕事として紹介されたことだった。驚いた父母の一人が「仏教
の礼拝形式である合掌を公立学校で強制するのは違法だ」と学校に改善を求めた。合掌は、
信教の自由をうたう憲法二○条と公立学校での特定の宗教活動の禁止を定める教育基本法
九条違反だとしている。
 この中学校では長く、給食に感謝する気持ちを合掌で表現してきた。指摘については職員
会議で賛否両論が出たが、全教職員が納得して中止した。校長は「感謝の気持ちの表現は-
人ひとり違う。違いを認めることは人権尊重につながり、今後さまざまな宗教的信条をもつ生徒
を受け入れるためにも、改善すべきだと判断した」と説明する。
室町時代の僧蓮如が北陸地方を布教したことなどから、富山県では仏教の中でも浄土真宗の
影響が強いといわれる。大家族では、食事の前に「合掌」と声をかけるのが父母の役割ともされ
た。多くの学校でも合掌が慣習化していた。
 この問題は県議会でも取り上げられた。六月議会の-般質問では、自民党の川島久一議員が
「合掌は日本古来のすばらしい風習。中止するのは教育上好ましくない」と質問した。
 これに対して楠顕秀・県教育委員長は「合掌を習俗とみるか、仏教儀礼とみるかは人によって
異なる」としたうえで、「家庭でしつけとして子供に伝えるのが望ましく、学校で教えなくても、自
然に感謝の気持ちを表現できるのが理想だ」と答えた。
 子供たちの反応もいろいろ。中新川郡上市町の小学五年の女の子は「最近はやらされている
ようで、好きじやない。しょうがないなという気持ちでやっている」。首都圏から転校してきた富山
市内の小学四年の女の子は「『合掌』というとみんな静かになるからいい」という。
クラス担任になってから中止させた小学教諭は「これはおかしいと、各教師は思っているはずだ。
いちいち職員会譲で決めることではなく、私は自分で判由した」と、なお続けている学校があるこ
とに半ばあきれ顔だ。一方で、「自分の子供のころから家でもやっていることで、違和感がない」
と話す先生もいる。
魚津市立住吉小では「宗教的なことなのでやめた」とし、中新川郡舟橋村立舟橋小は「不都合は
感じていないので従来通り」という。
県教委指導課によると、保護者からの指摘でやめた学校も過去に幾つかある、という。こうした学
校の動きに対して同課は「県教委がとやかく言う問題ではなく、学校の判断に任せる」とし、通達
などは出さない方針だ。

②1996年07月14日
給食の「合掌」、宗教問題と別(声)

柏市 渡部善助(無職 68歳)
八日付本紙によると、富山県内の公立小中学校で、子供たちが給食のときに「合掌」の号
令とともに手をあわせるのは、特定の宗教を強制するものだと中止を求める声が上がったと
報じている。
学校の教師に仏教の信仰者がいたとしても、給食のときの「合掌」が仏教を強制するため
に行っているとは考えられないし、あまりに誇張した感覚ではないだろうか。当初は仏教的な
所作だったかも知れないが、今では宗教とは別に慣習化していると言う。こういうことまで気
にするならば団体行動を指示する号令は何も出来ない。テレビ等で見ると、他民族でも畏敬
(いけい)・敬虚(けいけん)さの表現は、合掌が一般的のようで仏教だけの行動形式ではな
い。
学校等で団体行動を律するのに号令は当然必要だが、給食を食べ始めさせる単なる命令
なのである。昔の軍隊のように「かかれ」では何とも味気がなく、せっかくの料理がまずくな
る。「食べ始めてください」とでも言わなければ号令の言いようがない。
ある会食の際に合掌する人の姿を見て、食事のパフォーマンスとしてこれは素晴らしいと
感じ入った次第であった。以来、いつでも、どこでも続けている。私は特定の宗教を信仰して
はいない。

(出典 朝日新聞 1996年7月)
【キーワード】 給食 食前 合掌 いただきます 宗教活動 

参考
③ 1996年 12月10日 朝日新聞夕刊
合掌の風土作法通じて人生教える(宗教と教育 授業の課題:13)

連載「宗教と教育」では、特異な宗教や信条を信じる人たち、その子ども、そして学校現場
の緊張した関係を報告してきた。その問題とはしばらく離れ、今回からは身近な宗教と教育
の関係を取り上げる。人生を考える授業や試みを紹介しつつ、憲法や道徳教育の問題も考える。

「いただきます」の意味問う
金沢市からJR七尾線、のと鉄道と乗り継いで約三時間。能登半島の先にある石川県珠洲市に
着く。駅前からタクシーで約二十分走ると、雪景色の山と林に囲まれた市立上黒丸小・中学校
がある。小学一年から中学三年まで、全部で五十一人が勉強する併設校だ。
給食の時間。料理が並ぶと、「合掌」と日直が号令をかける。全員が手を合わせ、「いただきま
-す」。にぎやかな食事が終わると」また「合掌」の合図があって「ごちそうさま」となる。北陸の
多くの学校で行われている作法だ。
 この七月、中学二年の学級を受け持つ砂山信一教諭(四七)は、道徳の授業で「なぜ合掌し、
『いただきます』というのか」との課題を与えた。十人の生徒は、こんな答えを書いてきた。
《時間をかけて生きてきた動植物の命を奪うのだから、その感謝の気持ちとして》《食べられ
るものにあやまる》《給食を作った人に感謝する》《料理を作った人への感謝もあるが、やはり
野菜や肉など、自然の恵みへの感謝が中心です》
理科が専門の砂山教諭だが、学生のころ、さまざま悩んだ末に親鷲と出会った経験がある。
「日々の生業(なりわい)の中にあっても、立ち止まっては生活のすみずみを見つめる、そんな
姿勢を教えたかったのです」という。
 今年の授業計画では「食事の意味を考える」を目標に掲げた。たとえば、金子みすゞの詩
「大漁」を取り上げ、《浜は祭りの/やうだけど/海のなかでは/何万の/鮭(いわし)のとむ
らひ/するだらう》という-節を考えさせた。
食肉処理場の仕事を紹介するビデオを見せ、現場職員の「だれかが殺さにや、肉は食べらへん」
といっ言葉も聞かせた。苦行を続けていたブッダが、一少女に乳がゆを与えられ、体力を回復し
た逸話も話している。

④1996年 12月10日 朝日新聞夕刊
 ○隣県では「憲法違反」の声も
 同じころ、富山県議会では合掌の是非が論議になっていた。ある中学生の父母が「仏教の礼
拝形式であり、憲法違反ではないか」と学校を批判したからだ。その経緯は改めて紹介するが、
砂山教諭は「なぜ問題なのか」と不思議がった。
「人間として、教師として、たしかに仏教を基本に生きてきた。といって、宗派に偏ったことは敢え
ていない。本来、合掌は仏教だけの作法ではない。クリスチャンも食事の前には手を合
わせる。宗教の違いを超えた、感謝の表現のはずです。ブッダの伝記を教えることも、憲法が禁
止する宗教教育とは思いません」
 昨年は、中学三年生にオウム事件についての感想を書かせた。いのちの大切さは日ごろから
教えており、カルト集団への批判力もある、と考えたのだ。
 人口約二万の珠洲市には、真宗大谷派四十二、曹洞宗十二、その他六つの仏教寺院がある。
「真宗王国」といわれる北陸地方でも、特に信心深い土地柄だ。市教育長も、上黒丸小・中学校
の貞広深宙校長も、真宗大谷派に僧籍がある。同校の卒業生という中年のタクシー運転手は「月
々の命日には、ほとんどの家が仏壇にご飯を供えます」と話した。
 この二十数年、原子力発電所の建設をめぐって揺れてきた土地でもある。個人としての砂山さん
は、珠洲原発反対連絡協議会事務局長の肩書を持つ。「子どもに『いのちを大切に』と敢えてし†る
人間として、当然の帰結です」と説明した。建設推進派からは陰口もたたかれるが、真宗大谷派の
一任職はこう応援する。
「北陸地方の仏教には、権威に弱い体質がある。学校の多くは合掌を慣習としか考えず、口先だ
けで『いのちは大切』と教えてきた。しかし、合掌の本来の意味を学ぶなら、人間や自然をどう守る
か、という問題に行き着くはずだ。弓垂制はともかくとして、単なる知識教育を超え
た、豊かな人格をはぐくむ機会になる」

 「原発反対も畏れの心から」
能登を訪ねると、信仰を持たない人は肩身が狭くなるかもしれない。羽咋郡富来町立西浦
小学校の板橋潔教諭(五九)も、教室での合掌をこう認めている。
「単なる形式なら怖い気もするが、合掌の意味、『生かされている』との思いを学ぶことは大
切です。唯物論者の友人が『教育によって完全な人間ができる』と話したことがあるが、『不
完全な人間が教えている以上、そんなことは不可能だ』と教師の私自身が知っている。いま
はキリスト教会を離れた立場ですが、教育にせよ、原発反対にせよ、大宇宙や神への畏(お
そ)れがあってこそ本物、と思ってます」(菅原伸郎)

⑤1996年 12月17日 朝日新聞夕刊
こころ
父親の手紙(宗教と教育 授業の課題:14)

 四月、富山市立の中学校に進んだ子どもに配られた「入学のしおり」を読み、父親のAさん
は疑問を感じた。「日直の仕事」の項に《給食の時間には、合掌の号令をかける》とあったか
らだ。考えた末に、校長あてに「合掌は仏教の礼拝形式であり、憲法や教育基本法に違反し
ている」と改善を求める手紙を書いた。
 中学校側は、二回の職員会議で話し合った。「宗教ではなく、単なる慣習。続けるべきだ」と
いう教師もいたが、結論は号令中止となった。「価値観が多様化している時代だ。異論が出た
以上、やめた方がいい」との判断だった。いまは、頭を下げたり、合掌したり、生徒それぞれの
形で食べ始めているそうだ。
 六月の県議会で、自民党の川島久一議員は「大いなるものへの感謝を表す普遍性ある慣習。
しつけとしても大事で、やめる必要はなかった」と批判した。県教委は「学校に任せるべき問題」
と答えつつ、中学校の措置を認めた。春までは小ヰ学校の半分が号令をかけていたが、問題が
報道されてからはやめる学校がふえている、と指導課はいっている。
 真宗大谷派門徒の川島議員は、十二月の本会議でも「存続を求める声は県内外に多い」と発
言した。答弁に立った楠顕秀・県教委委員長は高岡市にある浄土真宗本願寺派寺院の住職。
「合掌の号令はやめたとしても、感謝の心は育ててもらいたい」と複雑な胸中をのぞかせた。
 争点を六つに絞ってみた。
 まず「合掌は仏教の礼拝形式」という点だ。魚津市のカトリック教会を訪ね、竹内正美神父
の話を聞いてみた。付属の明星幼稚園では、オルガンの合図で、園児たちが両手をぴったり
合わせて朝のお祈りをしていた=写真。
「祈りに決まった型はありません。指を組む人も、指を伸ばして合わせる人もいる。だから、
合掌に違和感はありません。宗教心のあつい北陸の風土は貴重であり、中止の学校がふえて
いることは残念です。-部の声に流されることなく、学校は『声なき声』にも耳を傾けてほしい」
 プロテスタントでも、ぴったり手を合わせて祈る人はいる。富山県護国神社の栂野守雄宮
司も「社殿で日々手を合わせています。宗教の違いを超えた感謝の表現でしょう」と話した。
『岩波仏教辞典』などにも、ブッダ誕生以前から行われてきたインド古来の敬礼法とあり、合
掌の形自体は仏教だけとはいえないようだ。しかし、富山市で会ったAさんのように、神仏を認
めない、宗教を持たない、という立場もある。その思想信条の自由が侵されてはいないだろうか。
これが第二の争点だが、土地柄のせいか、富山県ではあまり話題になっていなかった。
残る四つの問題については、次回に報告する。
(菅原伸郎)

⑥1997年 6月13日 朝日新聞
いただきます 佐藤国雄(食の風景:1)/新潟

「飽食の時代」と言われている。戦中から戦後にかけて、食糧が極度に不足する「飢餓」の時代
があった。それに引き換えいまは、お金を出しさえすれば何でも好きなものが食べられる。
 が、ものを食べることの喜び、ありがたさ、掛け替えのなさへの実感は薄らいできた。「食は
文化」「思い出を食べる」とも言われるが、むしろ、貧相な時代になったのではないか。
 最近の食品・食材は技術革新による商品化が進み、「食」の根本の姿が見えなくなりつつある。
我々は動植物、つまり人間以外の魚や鳥獣、草木など、「生きもの」の生命をちょうだいして生き
てきた。だからこそ、食べる前に合掌して「いただきます」と唱えた。「お命ちょうだいします」という
祈りであった。ところが、近代技術で食品が加エされて姿を変え、店頭に並ぷ。勢い、「いのち」に
対する考えも遠のく。
 学校給食は、戦後の食糧事情が悪い状況下で始まった。「勉強だけではなく、自立と生活力を
育てる体験学習に役立つ」という父母の声がある一方で、「食事づくりは親の責任。弁当で」と、
給食を廃止する学校も出てきた。
 給食のとき、「いただきます」の合掌をやめた中学校がある。「合掌は、仏教の礼拝形式。公立
学校で強制するのは、信教の自由を認めた憲法に反するのでは」と、父母の一部が申し入れた
からだという。
 その学校では、作り育て、調理してくれた人たちへの感謝の気持ちからであったが、いまは
「いただきます」の合掌の代わりに「給食の時間です」「食事のあいさつをしましょう」と呼びかけ、
あとは生徒の自由に任せている。
 食べものに、旬も、ふるさともなくなった。本来は秋のものであるキノコは年中無休のエ場
で生産され、海がない山国でヒラメが養殖されている。