SC 親鸞聖人と「三毒・五悪段」

 親鸞聖人は「三毒段」に入る直前、「総誡」の一部分を『本典』「信巻」に、「横に五悪趣を截り、悪趣自然に閉ぢん。道に昇るに窮極なし云々」と引用しておられます。ところが、この文に続く「三毒・五悪段」は全く引用しないのです。思うに、聖人にとって「三毒・五悪段」は、中国の儒教的な考え方から仏教の業論を見ており、また人間をとらえるのに、倫理的に人間悪の面で見ているため、それでは不充分だと考えられたのかもしれません。また、宗祖は梵本をお読みになったということはありません。それでも不審に思われたのでしょうか。あまりにも儒教的な要素があるというお考えの上から、ほとんど「三毒・五悪段」を引用なさらなかったのではないでしょうか。そういうご見識を我々は知らされることであります。
  『大無量寿経の現代的意義』(早島鏡正著 pp148-149)より

〔補足1〕
 上記の「ほとんど」ということの意味
 広義の「三毒・五悪段」から『教行証文類』に親鸞聖人が引いておられるのは2文です。
1.「かならず超絶して去つることを得て、安養国に往生して、横に五悪趣を截り、悪趣自然に閉ぢん。道に昇るに窮極なし。 往き易くして人なし。その国逆違せず、自然の牽くところなり」(総誡の文)
2.「それ至心ありて安楽国に生ぜんと願ずれば、智慧あきらかに達し、功徳殊勝なることを得べし」(狭義の三毒段が終わった後に、釈尊が弥勒菩薩・諸天人等に往生浄土をすすめておられる文)

 しかし、「三毒(貪欲・瞋恚・愚痴)の文」「五悪の文」からは引いておられません。

〔補足2〕
 無量寿経下巻の「釈迦勧誡(釈迦指勧分)」は大きく分けると、三毒・五悪段(悲化段)と胎化段(智慧段)となります。
 この内「悲化段」は、現存する漢訳5本、サンスクリット本1本、チベット訳1本の7種類の無量寿経中、初期無量寿経(二十四願経)の「大阿弥陀経」「平等覚経」2本と「無量寿経(大無量寿経)」の3本で、無量寿如来会などその他の後期無量寿経(四十八願経)にはありません。また、その他のサンスクリットの断片にもありません。
 一方「胎化段」にあたる文ははすべての無量寿経にあります。
 無量寿経で大事なのは「四十八願」「念仏往生(成就文)」であることは当然ですが、「胎化段」も非常に重要なところです。

〔参照〕
 註釈版聖典第二版「補註5」を読んで下さい。
(補註5=「業・宿業」…差別に注意)
        
(出典 http://kondoutomofumi.blog121.fc2.com/blog-entry-421.html)

【キーワード】 

【参考】
《日本宗教学会『宗教研究』80(4)》
  『無量寿経』三毒五悪段につい一て
            山 田 恵 文
(大谷大学 准教授 真宗学 文学博士)
 現存する漢訳(無量寿経)五本の内、初期無量寿経である『大阿弥陀経』と『平等覚経』、後期無量寿経である『無量寿経』の三本には、その後半部分において三毒五悪段と呼ばれる教説がある。この段については、近代以降、幾多の先学によって中国撰述説、インド撰述説の両面から成立論が論じられてきた。そして、この段は後期無量寿経である『如来会』、『荘厳経』、更には現存する梵文テキスト、チベット訳になく、漢訳の三本のみに見られること、中国的な思想用語が多数見られること等の理由により、翻訳の際に中国で成立付加されたものであるとする中国撰述説が支持されている。しかし、翻訳当時の梵文原本が現存していない以上、断定できないのも事実である。そこにインド撰述説、すなわち原本においても存在していたであろうとする説も、なお主張される余地があるのである。
 さて、相反する両説であるが、その論点は最古の漢訳である『大阿弥陀経』の原本に三毒五悪段があったかどうか、というところにある。そして、『無量寿経』における三毒五悪段に対しては、先に翻訳されている『大阿弥陀経』『平等覚経』中の三毒五悪段を整文化し付加したものであり、『無量寿経』の原本には無かったであろうというのが、両説の一致した見解である。例えば、インド撰述説を主張する池本重臣氏は「魏訳無量寿経はそれ自らの中に、全く相矛盾する二つの教義を説いていることになるのである。」と述べ、中国撰述説をとる藤田宏達氏は「「五悪段」が『無量寿経』において他から、しかもいささか不用意に挿入されたと見るのは、疑うことができない事実であり、この点インド撰述の論者も異説を立てているわけではない。」と述べている。このように、両説とも『無量寿経』においては、この段は教説の内容上矛盾しており、付加されているという共通の見解を持っているのである。
 では、『無量寿経』を真実教とする親鸞は、この段をどのように位置づけていたのであろうか。周知の如く、親鸞はこの段の内容には全く言及しない。漢訳(無量寿経)の諸本に目を通している親鸞であるから、当然『如来会』にこの段が欠けていることを知っていたし、この段の表現や思想内容に違和感を感じていたため、内容に触れなかったとも考えられる。しかし、親鷲は独自の視点で、この段の位置を理解していたと考えられるのである。親鸞は『教行信証』に三毒五悪段から、ただ二箇所のみ引用している。その内の一つは、三毒五悪段の冒頭にある「五言八句」とよばれる教説である。親鸞はこの「五言八句」に特に強い関心を示しており、『尊号真像銘文』においてなされている注釈を見れば、この文を如来の本願力を象徴する経文として読み取っていることが分かる。そして、注釈の中で「婆婆世界をたちすてて流転生死をこえはなれてゆきさる」「五道生死をと(閉)づる」とあるように、衆生が本願力によって超えるべき世界が論じられている。これは三毒五悪段に描かれている衆生の世界と境遇を凝集的に表現した用語に他ならない。つまり、親鸞は三毒五悪段の教説を念頭におきながら、「五言八句」の意味する如来の本願力を解説しているのである。よって親鸞は決してこの段を無視していたわけではなく、本願力によって超えるべき世界、換言すれば本願のはたらく場が表現されている段として、捉えていたと言えるのである。
 『無量寿経』は三毒五悪段が付加されたことにより、阿弥陀仏の世界と対照的な形で、人間の婆婆世界が描かれることとなった。そのため構造上から言えば、他力の世界と自力の世界が鮮明に措き分けられているように見える。この構造を親鸞は俯瞰的に捉え、如来に悲化される場が描かれた段として、三毒五悪段を位置づけていると考えられるのである。