SC 恵心僧都 源信和尚

恵心(えしん)僧都(そうず)源信(げんしん)和尚(かしよう) 天慶5年(942年) - 寛仁元年(1017年)
(中国天台山より)「日本小釈迦源信如来」と尊称
(親鸞) 「源信大師」・・・七高僧の第六祖
 宗旨 天台宗 師・・・慈慧大師良源(元三大師)
 著作 『往生要集』、『阿弥陀経略記』、『横川法語』他
天慶5年(942年)、大和国(現在の奈良県)北葛城郡当麻に生まれる。
 幼名は「千菊丸」。父は卜部正親、母は清原氏。
天暦2年(948年)、7歳の時に父と死別。
天暦4年(950年)、信仰心の篤い母の影響により9歳で、比叡山中興の祖慈慧
   大師良源(通称、元三大師)に入門し、止観業、遮那業を学ぶ。
天暦9年(955年)、得度。
天暦10年(956年)、15歳で『称讃浄土経』を講じ、村上天皇により法華八講の
   講師の一人に選ばれる。そして、下賜された褒美の品(布帛〈織物〉など)を
   故郷で暮らす母に送ったところ、母は源信を諌める和歌を添えてその品物
   を送り返した。その諫言に従い、名利の道を捨てて、横川にある恵心院に
   隠棲し、念仏三昧の求道の道を選ぶ。
 母の諫言の和歌
   「後の世を渡す橋とぞ思ひしに
        世渡る僧となるぞ悲しき」
寛和元年(985年)3月、『往生要集』脱稿する。
寛弘元年(1004年)、藤原道長が帰依し、権少僧都となる。
長和3年(1014年)、『阿弥陀経略記』を撰述。
寛仁元年6月10日(1017年7月6日)、76歳にて示寂。
 後世への影響
  ・浄土宗の開祖法然は、源信の主著「往生要集」によって7世紀の唐の僧善導
   の浄土思想を知ることとなった。
  ・浄土真宗の宗祖とされる親鸞は、正信偈』で、「源信広開一代教 偏帰安養勧一切
   ・・・ 極重悪人唯称仏 我亦在彼摂取中  煩悩障眼雖不見 大悲無倦常照我」 
      と源信の徳と教えを称える。また『高僧和讃』で「源信大師」10首を作成。
☆「阿弥陀仏を『極大慈悲母』と礼拝する」(往生要集⇒教行信証)
  ・2016年は源信千年遠忌に当たり宗派の枠を超えて浄土宗と西本願寺が延暦寺
   (天台宗総本山)において法要を営んだ
(出典 聞法ノート)
【キーワード】恵心僧都 源信和尚 往生要集
     横川恵心院 母の諫言 極大慈悲母