SC 法名(釈・・・)

浄土真宗の法名(戒名とはいわない)は、 釈○○ または 釈尼○○(女性の場合)
とするのが正規である。その上に○○院と院号をつける(本山下附)こともある。法名の下に
「信士」「信女」「不退位」「位」などはつけない。
 「釈」とつけるのは「釈迦」の略称で、仏の姓である。ゆえに「釈○○」というのは、仏弟子になった○○という意味である。 
 古来インドではバラモン(婆羅門)、クシャトリア(刹帝利)、バイシャ(毘舎)、スードラ(首陀)の四姓(カースト)の差別があったが、釈尊はこの悪習を認められず、四姓一味の教団をつくられた。(参考 元、首陀のウパーリを、刹帝利のアヌルダが敬礼した逸話//四十八願第三の「悉皆金色の願」)
 『増一阿含経』にも「四河は海に入りて、本の名なく、同一鹹味の海水となる。四姓また如来所において、出家学道せば本姓なく、沙門釈迦子と称すべし」とある。
 
 「釈○○」を用いたのは中国、東晉時代の釈道安に始まる。「釈道綽撰」(『安楽集』)、「愚禿釈親鸞集」(『教行信証』)とある。(参考「沙門善導集記」(『観経玄義分』)、「沙門源信撰(『往生要集』//『浄土論』には「曇鸞法師註解」…後人の敬称)/『選択集』には巻末に「源空(花押)」)

(出典 西原芳俊『真宗事物の解説』取意)
【キーワード】 法名 釈○○ 仏弟子

参考(Wikipediaより)
 釈 道安(しゃく どうあん、 314年 - 385年)は、五胡十六国時代の僧であり、中国仏教の基礎を築いた大功労者である。

本姓は衛氏で、河北省の生まれ。12歳で出家した後、仏図澄の弟子となる。師の没後、五胡の君主が乱立して混乱の極地にあった華北で居所を転々としながらも、彼のもとには次第に門弟が集まり、数百人規模の弟子を率いるまでになった。その後、湖北省の襄陽に移ると、東晋の孝武帝も含めて四方から寄進が集まり、また門弟子も数千人規模となり、彼が住む檀渓寺は盛況を極めた。

前秦・苻堅の建元15年(379年)、前秦が襄陽を攻略し、高名な釈道安を言わば政治顧問とするために長安へと連れ去った。長安に移った後も、彼は苻堅の庇護のもと、経典の研究に打ち込み、多数の経序を後世に残した。また、西域で名を馳せていた鳩摩羅什を中国に招くよう、苻堅に建言したのは、道安であった。ただ、肥水の戦いで苻堅が大敗して前秦が滅亡し、また、直後に道安自身も長安で亡くなってしまうので、彼の生前に実現することはなかった。鳩摩羅什が長安に渡来して、大々的に訳経事業を始めるのは、次の後秦になってからのことである。

 また、道安は、弥勒信仰を持っており、隠士の王嘉や弟子たちと弥勒像の前で誓願を立て、兜率天への上生を願っていた。
 釈道安の功績は、大別して、以下の仏・法・僧の三宝すべてにわたっている。

釈氏の創始
今日でも、日本も含めて漢字文化圏の仏教教団では、出家した者は、受戒の師によって戒名(法名)を付けてもらう決まりとなっている。この時、在家の姓を捨てて、出家者は、すべて釈氏を名乗る。

この、出家者は釈氏と名乗るという制度を始めたのが、釈道安である。彼以前の中国の仏教界では、その中国伝来の当初から、受戒の師の姓を受け継ぐのが慣習となっていた。インド・西域からの渡来僧は、その出身地を姓として名乗ることが通例であったので、中国人の出家が許可された後、新たな出家者は、師の姓に従って、竺(インド)・安(パルチア)・康(サマルカンド)・支(大月氏)などの姓を名乗った。支遁や竺道生らが、その代表である。

それに対して、道安の場合、仏図澄の弟子であれば、同門の竺僧朗のように、竺姓を名乗ることになった筈である。しかし、道安は、竺姓を名乗らず、釈氏を名乗った。彼は「大師の本は釈迦より尊きなし」と述べたという。これは、釈迦の教えである仏教の信者であることを端的に表すとともに、意識的にも、直接の師僧の弟子としての自覚よりも、仏弟子としての自覚をより重視すべきことを標榜したものであった。

そして、次第に道安の意見は中国仏教界において支持されるようになり、やがて全ての出家者は、釈氏を名乗るようになったのである。ここでも、その意義を認め、単に道安のみではなく、釈道安として項を立てている。また、後の時代に道安という同名の僧が居るために、混同を避けるためにも、釈道安と呼ばれることが多いことにもよる。