IN 死に際し 他5首

・死に際し私を丸ごと受け止めて頷く人に会えたらいいな
          (菊池市) 佐竹次郎 (朝日歌壇)

・ばあばあのおてつだいままごとみたいなおぜんをはこんだほとけさまってたべてるのかなあ
          (蒲郡市) みやしたさあや(〃)・ 

・他人(ひと)様の親の介護を生業(なりわい)に故郷(くに)の親には電話ですまん
          (横浜市) 太田克宏 (〃)

・ランドセルもっておりたら二学きがぼくのせ中にくっついてきた
          (奈良市) 山ぞえそうすけ (〃)

・せんせいは咲いた朝顔だけ見てた咲けないあさがおこっそり泣いた
          (福井市) 野原つむぎ (〃)

・脱け殻といへど生きてた証ぞと空蝉(うつせみ)しかと大樹を掴む
          (松江市) 釋 貞 純 (大乗歌壇)

(出典 朝日歌壇・大乗歌壇)
【キーワード】 
   死 受け止め 頷き ばあばあ てつだい 他人 親 介護 生業 故郷 電話 
   ランドセル 二学期 先生 朝顔 脱け殻  空蝉 大樹