RE プールに飛び込んだ校長先生

 広島県下のある高等学校でのことだそうです。夏休み、
水泳大会が催されました。そのプログラムの中に、学級
対抗のリレーが組み入れられました。
 ある学級で、リレー選手を誰にするか、学級会が行わ
れました。三人まではすぐ決まりましたが、残りの一人
を誰にするかで紛糾しました。そのとき、「『A』に出ても
らおう!」
と叫んだ者がありました。いじめグループの番長の叫び
でした。『A』さんというのは、女生徒で、しかも、小児マヒ
で、不自由な体の生徒でした。とても、泳げるような体で
はありませんでした。『A』さんを泳がせて、笑いものにし
ようという番長の意図だったのです。それなのに、一人
も反対する者はいませんでした。それどころか、「そうだ!」
「そうだ!」「『A』に出てもらおう!」
という声が、湧きおこりました。番長に逆くと、どんなこと
になるか、それを知っている番長の手下たちの叫びだっ
たのです。

 当日です。プログラムが、学級対抗のリレーに移りまし
た。『A』さんの泳ぐ番になりました。残酷なことです。一メ
ートル進むのに何分もかかる有様です。まわり中から冷
笑の声が湧きました。その中を『A』さんは必死で泳ぎまし
た。
 そのときです。背広のままプールにとび込んだ人があり
ました。「つらいだろうが、がんばってくれ!」「つらいだろ
うが、がんばっておくれ!」と、一緒に、泣きながら進みは
じめました。
 罵声、冷笑がピタリとやみました。励ましの声に変わりま
した。
 『A』さんが、長い時間をかけて、二十五メートルを泳ぎぬ
いたとき、先生も生徒も、一人残らず、泣きながら『A』さん
をたたえました。
 プールの中にとび込んだ人は、その高校の校長先生でし
た。みんなの笑い者になりながら、必死で泳いでいる『A』さ
んを見ると、見るに忍びず、そうせずにはおれなかったので
す。
 その高校にもあった「いじめ」は、ピタリと止んだそうです。
校長先生の、「ことば」を超えた、「身」の叫びが、学校を変え
たのです。

(出典 東井義雄著『喜びの種をまこう』 (柏樹社) 133頁 
「ある高等学校のあり方を変えたもの」
【キーワード】 同悲 共に歩むもの 
   如来の大悲 苦を乗り越える力

参考
 「南無阿弥陀仏をとなふれば
  観音・勢至はもろともに
  恒沙塵数の菩薩と
  かげのごとくに身にそへり」
           (浄土和讃)