RE 人間の寿命(グリム童話)

寿命(じゅみょう)
グリム童話(どうわ) 

 むかしむかし、世界(せかい)をつくった神(かみ)さまは、つぎに生き物(いきもの)たちの寿命(じゅみょう)を決(き)めようとしました。
 するとそこに、ロバがやってきて、神(かみ)さまにいいました。
「神(かみ)さま、わたくしの寿命(じゅみょう)は、何年にしていただけましょうか?」
「そうだな。三十年ではどうかね?」
 神(かみ)さまの言葉(ことば)に、ロバはかなしそうにいいました。
「それは長すぎます。どうか、わたくしのつらいくらしをお考えくださいまし。わたくしは、朝から晩(ばん)まで、おもい荷物(にもつ)をはこんだりせねばならないのでございます。それなのに、ぶたれたり、けられたりして、『もっとはたらけ!』『もっとはたらけ!』と、こきつかわれるばかりでございます。どうか、寿命(じゅみょう)をもうすこし、おへらしくださいまし」
 すると神(かみ)さまは、気のどくにお思いになって、ロバの寿命(じゅみょう)を十八年にしました。
 ロバが安心(あんしん)してたちさると、つぎにイヌがあらわれました。
「おまえはどのくらい生きたいのかね? ロバは三十年では長すぎるといったが、おまえはそれでよかろう」
 イヌは、こうこたえました。
「神(かみ)さま、わたくしの足は三十年も走れるほど、じょうぶではございません。しかも、ほえる声がでなくなって、かみつく歯(は)もぬけてしまったら、『ウーウー』うなるよりほかに、なにがいったいできましょうか」
 神(かみ)さまは、イヌのいうことはもっともだと思って、イヌに十二年の寿命(じゅみょう)をあたえました。
 そのつぎに、サルがやってきました。
「おまえはたぶん、三十年生きたいと思うのだろうね。おまえはロバやイヌみたいに、はたらかなくてもいいし、いつもたのしそうにしているからね」
「いいえ、神(かみ)さま」
と、サルがこたえました。
「わたくしは、いつも人をわらわすために、おかしなイタズラをしたり、ヘんな顔をしたりしなければなりません。しかも、人からリンゴをもらっても、かんでみるとすっぱかったりするのです。三十年も、こんなふうにくらしていくことは、とてもがまんできません」
 そこで神(かみ)さまは、サルに十年の寿命(じゅみょう)をあたえました。
 さいごに、人間があらわれました。
「お前の寿命(じゅみょう)は、三十年ということにしよう。それでよいね」
と、神(かみ)さまがいうと、人間は大きく首を横(よこ)にふりました。
「三十年とは、なんてみじかい寿命(じゅみょう)でしょう。やっと自分の家をたてて、じぶんの家のかまどで火がもえるようになったばかりで、死(し)ななければいけないのですか! 花がさいたり、実(み)がなったりする、植木(うえき)をうえて、やっとこれから人生をたのしもうというときにですか! おねがいです神(かみ)さま、寿命(じゅみょう)をおのばしくださいまし」
「では、ロバがいらないといった、十八年をたしてやろう」
と、神(かみ)さまがいうと、
「十八年たしても四十八年です。それはたりません」
と、人間はこたえました。
「では、イヌのぶんの十二年も、やることにしよう」
「まだまだ、すくなすぎます」
「よし、それでは、サルのぶんの十年もたしてやろう。だが、もうこれいじょうはやれないよ」
と、神(かみ)さまはいって、人間を帰られました。
 人間はその場をさっていきましたが、それでもまだまだ、不満顔(ふまんかお)でした。
 このようなわけで、人間の寿命(じゅみょう)は七十年となったのです。
 はじめの三十年は、人間そのものの寿命(じゅみょう)です。
 その三十年間に、人間は大きくなって子どもをつくります。
 そのつぎにくるのが、ロバの十八年です。
 このあいだは人間は、いろいろな重荷(おもに)をおわされます。
 家族(かぞく)たちに、ご飯(はん)を食べさせるため、いっしょうけんめいにはたらかなくてはなりません。
 そしてそのつぎに、イヌの十二年がやってきます。
 このあいだ人間は、足腰(あしこし)がよわくなり、ものを食べる歯(は)も抜(ぬ)けていくのです。
 この十二年がおわると、さいごにくるのがサルの十年です。
 いつもたのしそうにしていますが、だんだんと頭がにぶくなり、わらわれるつもりはなくても、おかしなことをしてわらわれることがあります。
 これが、人間の一生なのです。

(出典 グリム童話)
【キーワード】人間の寿命 強欲 苦労