RE 水をかけた少年

 ある高校で、一年生英語の授業中、一人の男子
生徒が急に立ち上がって、教室を出ていったかと
思うと、間もなくバケツを持って戻り、前の席の女
の子の頭の上から水をかけて、全身びしょぬれに
した。
 驚いた先生は、すぐに女の子に着替えをさせ、男
の子に理由を問うが、一言も返事せず、職員室で
も頑として黙秘した。
 二年後、家の都合で男子生徒は転校となる。そ
の時、元の英語の先生が「君ともこれでお別れだ
ね。君の級友も間もなく巣立つ。ところで、あの時
なぜ水をかけたのか、よかったら教えてくれない
か」
「先生、実はあの時、彼女は落ち着きがなく、身
体をかすかに震わせていました。よく見ると下に
水が漏れているのが見えたのです。それで水を
ぶっかけたのです」
(卒業前まで、乱暴な男という誤解を背負って、
級友の立場を思う心根の美しさ。)
        
(出典 『大乗』平成12年7月号 10頁)

【キーワード】智慧ある慈悲 深い思いやり