MM 勝ち組みな死ね!
(秋葉原通り魔事件犯人加藤智大(25)の書き込み))

[2213]
06/04 00:53
一人で寝る寂しさはお前らにはわからないだろうな
[2214]
06/04 00:54
ものすごい不安とか、お前らにはわからないだろうな
[2215]
06/04 00:55
彼女いる奴にも彼女いない時期があったはずなのに、みんな忘れちゃってるんだよね
[2216]
06/04 00:55
勝ち組はみんな死んでしまえ

備考
秋葉原通り魔事件とは2008年(平成20年)6月8日に東京・秋葉原で発生した通り魔事件のことである。この事件で7人が死亡、10人が負傷した。

容疑者
現行犯逮捕された容疑者は青森県青森市出身の25歳の男だった(1982年9月生まれ、年齢は犯行当時)。容疑者は2003年3月岐阜県の短大卒業後、2003年7月から2005年2月まで宮城県仙台市で警備員として、2005年4月から2006年4月まで埼玉県上尾市にある自動車工場の派遣社員として、2006年5月から2006年8月まで、茨城県常総市の住宅建材メーカーに派遣社員として、2007年1月から2007年9月まで青森県青森市でトラックの運転手として(2007年4月以降は正社員)、2007年11月から2008年6月まで静岡県裾野市の自動車工場の派遣社員として、各地を転々としながら働いていた。

犯行当時は東京都内にある人材派遣会社、日研総業と契約し、静岡県裾野市のトヨタ自動車系列会社、関東自動車工業の工場に派遣されていた(後日、関東自動車工業が容疑者に関わる事案とお詫びを発表[7])。犯行に使用されたトラックは犯行日前日にレンタカーとして借りた車で、犯行に使用されたダガーナイフなどのナイフ類6本は犯行日2日前に福井県福井市のミリタリー輸入雑貨店で購入したものであった[8]。トラックで人を跳ね飛ばすのは2005年4月に発生した仙台アーケード街トラック暴走事件(容疑者は仙台市の事件現場の近くに住んでいたことがある)を参考にし、ナイフで人を襲うのは2008年3月に発生した土浦連続殺傷事件を参考にしたと供述している。

容疑者はそのトラックを自ら運転し、東名高速道路を経由して上京し犯行に及んだとされている。逮捕後容疑者は「生活に疲れた。世の中が嫌になった。人を殺すために秋葉原に来た。誰でもよかった」などと犯行の動機を供述している。

容疑者は拘置所においては弁護士以外との面会を拒否し、手紙の受け取りを拒否している[9]。

携帯サイトの掲示板
さらに容疑者は携帯サイトの掲示板で約1000回の書き込みを行っていた。心のよりどころを携帯サイトの掲示板にするも、次第に孤立感を深め、次第に殺人を予告する書き込みを行うようになっていった。6月8日午前5時21分、「秋葉原で人を殺します」とのタイトルで「車でつっこんで、車が使えなくなったらナイフを使います みんなさようなら」との犯行予告を行なった[10][11][12]。その後、沼津から犯行現場まで移動する間に約30回のメッセージを書き込んでいた[13]。

秋葉原の無差別殺傷事件当日の早朝から正午すぎにかけ、インターネットの携帯電話サイトの
掲示板に「秋葉原で人を殺します 車でつっこんで、車が使えなくなったらナイフを使います」などの書き込みがあることが9日、分かった。
誰が書き込んだか不明だが、内容や時間経過は実際の事件とほぼ符合。警視庁万世橋署捜査
本部は、殺人未遂の現行犯で逮捕した派遣社員加藤智大容疑者(25)=静岡県裾野市=が
犯行を予告した可能性もあるとみて、関連を調べている。

掲示板の書き込みは、8日午前5時21分の「秋葉原で人を殺します」との内容でスタート。
「途中で捕まるのが一番しょぼいパターンかな」などと続き、6時31分には「時間だ 出かけよう」。
「神奈川入って休憩」(9時48分)、「秋葉原ついた」「今日は歩行者天国だよね?」(11時45分) などと書き込みは頻繁に続き、午後0時10分には「時間です」と記されている。

事件は午後0時半ごろ発生。調べでは、加藤容疑者は午前8時ごろ静岡県沼津市内でレンタカー を借り、裾野インターから東名高速を使ったなどと話しているという。 午前7時47分の書き込みには「雨天決行」の文言もある。裾野市周辺は8日朝、弱い雨が降っていたという。

参考 (加藤容疑者の他の書き込み)
06/04 08:34
待ってる人なんか居ない
俺が死ぬのを待ってる人はたくさんいるけど

06/04 15:52
みんな俺を敵視してる
[2286]

06/04 15:52
味方は一人もいない
[2287]

06/04 15:53
この先も現れない
一生無視される
不細工だもの

[2289]
06/04 15:54
いつまでたってもひとりぼっち

[2337]
06/04 17:52
どうして俺だけ一人なんだろ

[2340]
06/04 18:01
みんな裏切る
結局一人にされる

[2356]
06/04 19:51
なんで一人なんだろ

[2357]
06/04 19:52
不細工だから

[2366]
06/04 21:18
彼女さえいればこんなに惨めに生きなくていいのに         

[2106]
06/03 10:58
俺もみんなに馬鹿にされてるから車でひけばいいのか

[2202]
06/04 00:41
ぶっちゃけね、後輩に彼女ができたみたい
その幸せ自慢を毎日されてる
いい奴なんだけど、自分の中のどす黒い感情が抑えられない

[2203]
06/04 00:43
祝福してあげたい気持ちももちろんある
同じくらい殺意もある



(出典 ネット資料より)
【キーワード】 秋葉原通り魔事件 孤独
不細工 逆恨み 

<その後>
(朝日新聞 21・11・19 木)

「丁寧な手紙・・・君がなぜ」
 東京・秋葉原で昨年6月、通行人ら18人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元派遣社員加藤智大被告(27)から謝罪の手紙を受け取った被害者の元タクシー運転手・湯浅拝さん(55)
が18日、被告への手紙を弁護人あてに発送した。
 湯浅さんは被告が暴走させたトラックにはねられた別の被害者の介抱中に刺されて意識不明に陥り、1カ月半ばど入院した。「タクシー乗務員の仕事は難しい」と診断され、今年9月末、退職した。そのころから被告に手紙を出そうと思い続けてきた。自分のこと、家族のこと、事件への思い、被告への思いを書きためたが、投函できずにいた。
 しかし、今月になって突然、加藤被告からの手紙が弁護人を通じて送られてきた。「どうせ死刑だと開き直るのではなく、きちんとすべてを説明しようと思っています」。謝罪の気持ちが丁寧な字で書かれていた。
 湯浅さんは返信で「こんな手紙を書ける人間がなぜ、こんなに重大な事件を実行してしまったのか」と問いかける。そして「この事件の不幸は、亡くなった方々や遺族だけでなく、君の家族も不幸にし、君自身の人生を奪ってしまった」とつづった。湯浅さんは「手紙のやりとりを続けて、もっと加藤被告のことを知りたい」と話してい
る。        (山田優)

■湯浅さんの手紙=写真=の要旨
 突然、手紙をもらい驚いています。手紙の字を見ると丁寧で、読みやすく、文章もわかりやすく書かれていて、こんな手紙を書ける人間がなぜ、こんなに重大な事件を実行してしまったのか。この事件の不幸は、亡くなった方々や遺族だけでなく、君の家族も不幸にし、君自身の人生を奪ってしまった。
 君の手紙に「反省を表すために、このような事件を繰り返したくな
い。真実を明らかにしていくことで償いたい」と書かれていました。
今後、私は、君が反省を表していく姿を見ながら、私も一緒に事件を考えながら、二度と悲惨な事件が起こらない様、私の出来ることをやっていきたいと思います。