KG 原爆と人間の罪

(人間は火を使わないでほかの動物と競争ができない
のと同様に、科学なしでは生き続けることができない
という矛盾した存在であるということです。
 たとえば似たようなことが旧約聖書の天地創造のとこ
ろにもありまして、アダムとイブが知恵の木の実を食べた
というんで、パラダイスを追われたという話。ここにも人間
が知識をもつ
ことが罪であるという考え方があるわけです。私は別にク
リスチャンではないんですけど。)
現に原爆の実験が成功したときに、オッペンハイマーがこ
ういったと言っております。「物理学者たちは罪を知ってし
まった。そしてそれはもう、失うことのできない知識である」
と。英語で言っているわけですから英語で読んでみます。
"The physicists have knwon sin, and this is a knowledge
they cannot lose."と。
 つまり知識というのは罪であるということなんですけれども、
彼は原爆実験で自分が一所懸命やってきた物理学というも
のが、非常に大きな破壊力をもおていることにうたれて、こ
ういう言葉を吐いたんだろうと、そういうふうに思うわけです。」
 (朝永振一郎)

(出典 「科学と文明」『朝永振一郎著作集 科学と人間』
pp.144-145)
【キーワード】 科学 物理学 知識 原爆
罪 原罪 オッペンハイマー 旧約聖書
アダム イブ 木の実

☆人類は発明しすぎ原爆忌 
  (立川市 松尾軍治 
        朝日歌壇26/8/25)