KB 「称える」と「唱える」

「唯称仏」=極重悪人は「無他方便」、ただ仏願におまかせのみ。
救うてくださる仏のみ名を称える(たたえる)のみ。それが仏恩報謝となる。
「ただとなえては助からぬ」=ただ口に唱えているだけで、仏恩の深重なることを信知しないことではいけない。

(「称名」 阿弥陀仏のお徳を称(たた)えて名をとなえる意味合いがある。
 「唱名」 ただ仏の名を口に発音するだけ。
 因みに、親鸞聖人は「称名」を多く用いられ、「唱名」という字は用いておられない)
                                                 <愚石 追加>


(出典 明石祐堂 「称名の念仏」(すねいる法話テープ))
【キーワード】 となえる 唱 称 たたえる 仏恩