KB 蓮華は蓮華(随蓮の直信)
「念仏は様なきを様とす」
  
沙弥随蓮は後に法然が四国へ流された時もお伴を
していた程のお弟子であるが、 法然が亡くな っ て
後、 建保二年の頃或人が来て云うのに、
「如何に念仏をしたからとて、 学問をして三心を知ら
ない者は往生することは出来ないそうですね」 とい
いかけたものがあるので、 随蓮が それを説明して、
「故上人は念仏は様なきを様とす。 唯ひたすら仏の
言葉を信じて念仏をすれば往生をするのだ。 と仰言っ
て全く三心のことなどを云われたことはありません」 そ
の人が重ねて云うには、「それは心の足りない者の為
に、方便の為に上人が仰言られたのだ。 上人の本当
のお志はもっと高尚な処にあるのだ」と論じ、経釈の文
などを引き合いに出して論じかけて来たものだから、
随蓮も少し考えがグラついて来ていた処、 或夜の夢に
法勝寺の池の中にいろいろの蓮華の咲き乱れているの
を見たが、そこへ法然上人が現われて、
「お前、 誰れかひが話を云う者があって、あの池の蓮華
をあれは蓮華ではない、 梅だ桜だと云うた者があっても
お前はそれを信ずるか」 と尋ねられたから、 随蓮が、
「現に蓮華であるものを如何に誰れが桜と申しましようと
も梅と申しましょうともそれが信ぜられましょうや」
法然が曰く、「念仏の義もまたその通りじゃ。 わしがお前
に念仏をして往生することはきまりきって疑いがないと教
えたのをお前が信じたのは蓮華を蓮華と思うのと同じことだ。
他から梅といわれようとも、桜といわれようともそれを信じ
てはならぬ」 といわれるのを夢に見て、近頃の疑念が残り
なく晴れ、往生の素懐をとげたということである。
        
((『法然行伝』中里介山 青空文庫)
【キーワード】 学問と信心 三心 念仏
   無義為義 随蓮 法然