KB 共命之鳥

共命鳥の説法
『阿弥陀経』にお浄土に住む鳥の名前が六つ
出てきます。その中に「共命之鳥」といい、美し
い羽毛をもち、きれいな声で鳴く鳥がいます。
体が一つで頭が二つある奇妙な鳥ですが、大
切な法を説いています。

多くの共命の鳥の中でも、とりわけ素晴らしい
鳥がいました。しかし、二つある頭のいずれもが
「わたしの頭の羽毛は比類なく美しく、声も世界
一美しい」と確信し主張し合いました。そして互い
に憎みあい争うようになり、遂には「片方さえ亡
きものにすれば、この私が世界一になれる」と考
えるようになり、ある日密かに毒を混ぜ、片方に
食べさせました。食べた方はもちろん死にましたが、
食べさせた方も体が一つですから、死んでしまい
ました。

この愚かな事件があってから、お浄土の共命の鳥
は「他を滅ぼす道は己を滅ぼす道、他を生かす道こ
そ己の生かされる道」と鳴き続けていると申します。
これは鳥の姿に表された仏さまのみ教えであります。

条件が変われば何をするかわからぬ人間がつくって
いる社会であり、いたずらに対立をあおらず、常に他
のいのちとのつながり、いのちのぬくもりを大切にと
願わずにはおれません。

(出典 hongwanji-aki (ネット))
【キーワード】共存 独善 闘争 自滅