IN 「がんの奴」 他十首
・がんの奴やはりお前は馬鹿だなあ
  俺を殺せばお前も死ぬぞ
            (高槻市)東谷直司
・どんな声してたんだろうか父親は
  われ一度抱きフィリピンに死す
            (飯田市)草田礼子
・忘れられぬ思出があり忘れたき
  思出もある生きて九十年
          (南魚沼市)五十嵐とみ
・人間をいきなり物に変えるのが
  死というものだ僕もあなたも
           (築紫野市)二宮正博
・仏壇に置かれた友のガラケーが
  バイブで知らすメール着信
             (川崎市)小島 敏
・教室の子らのパワーは全開で
  暑さ吹きとぶ始業式の朝
             (越前市)内藤丈子
・「楽しいことだけ話してね」死に近き
  妹の言葉を思う秋の日
            (海老名市)菅井裕子
・わが命つなぎてくれし執刀医
  大きな手温し退院の握手
            (奈良県)森谷カヨ子
・ばあちゃんの合掌はちゃんと手の平が
  合わなくなって莟(つぼみ)のかたち
          (松阪市)こやまはるみ
・母亡くしやっと気付いた私だった
  ずっとおしゃべりしていたかったのは
            (調布市)佐々木 泉
・とんぼにはとんぼの眼があるくりくりと
  とんぼはとんぼでこの世を見ている
             (館林市)阿部芳夫



        
(出典 朝日歌壇 平成20-30年)
【キーワード】 がん 父 戦死 思い出 
  死 仏壇 ガラケー 始業式 楽しいこと
  執刀医 他院 ばあちゃん 合掌
  おしゃべり とんぼ