IN もしみおしえにあわざれば

もしみおしえに あわざれば
生まれしことも むなしけれ
もしよきひとに あわざれば
今日のよろこび しらざらん

  林 暁宇(浄土真宗の僧侶)の言葉です。

(出典 聞法ノート)
【キーワード】遇法 人身 善知識 法悦  

【参考】
林暁宇(はやし ぎょうう、1923年―2007年4月29日)は、浄土真宗の僧侶。

北海道浦幌町生まれ。1938年更別村旭小学校高等科卒業。40年肺結核で自宅療養。仏教誌『慈悲の国』により、病弱の念仏者・赤禰貞子を知る。43年北海道庁十勝支庁に勤務。49年暁烏敏に会い、明達寺に入り得度。54年『暁烏敏全集』編集担当。56年肺結核再発、左肺上葉切除。63年結婚。69年明達寺を出て放浪。70年小豆島に住み、四軒長屋の片隅を借りて「具足舎」と名づける。80年札幌市に移住。98年石川県鳥越村のケアハウスに入る。2001年能美市鍋谷町に移る。07年3月仏教伝道文化賞受賞。

著書[編集]
『三味線婆ちゃん 念仏内局の陰に』具足舎 1982 東本願寺出版部 1986
『弥陀にとられて丸裸 追想・三味線婆ちゃん』具足舎 1984
『野麦峠を越えて 飛騨おみな念仏の頌』具足舎 1988
『開けて悔しき玉手箱』具足舎 1989 人はなぜ教えにあわねばならないか
『もしよきひとにあわざれば 私の出遇った念仏者』真宗大谷派宗務所出版部 1990
『われらは生死を併有す』具足舎 1990 人はなぜ教えにあわねばならないか
『みんなおあめださまのおかげです 三味線婆ちゃんのことば』澤田悌二編 具足舎 1991
『人間死ねば仏になる 法事の話 林暁宇講演録』具足舎 1992
『むなしさをこえる』真宗大谷派宗務所出版部 1992 東本願寺伝道ブックス
『死の向うに大いなる光が見える』編 具足舎 1993 人はなぜ教えにあわねばならないか
『言葉だけの教えでは本当の仏法はわからない』具足舎 1995 人はなぜ教えにあわねばならないか
『腹が立つので喧嘩ができん 北の大地の念仏者前田政直』編 具足舎 1996 人はなぜ教えにあわねばならないか
『蓮如上人いまさずは』編 具足舎 1997 人はなぜ教えにあわねばならないか
『まことなるかなや 私にとっての清沢満之先生』編 具足舎 1998
『あるがままないがまま 放送三味線婆ちゃん』具足舎 1999
『生死を超える道』広大舎 2001
『念仏申さるべし』具足舎 2001 人はなぜ教えにあわねばならないか
『ほんとうにしたいことがあったらそれをやれ わが師暁烏敏の教え』具足舎 2002 人はなぜ教えにあわねばならないか
『暁烏先生と報恩講』具足舎 2003
『おたまじゃくしと人間』具足舎 2003 人はなぜ教えにあわねばならないか
『帰依処のあれば』具足舎 2004 人はなぜ教えにあわねばならないか
『真宗は時代を超えて 二〇〇四年度能登教区第六組同朋大会記念講演』具足舎 2004
『それで死んでも悔いなかろう 私の出遇った暁烏先生』北國新聞社出版局 2004 十方叢書
『妙なるいのちこのいのち 赤禰貞子さん 私はなぜ教えにあわねばならなかったか』具足舎 2004
『二つの出遇い』具足舎 2004
『降る雪さえもあったかい 私はなぜ教えにあわねばならなかったか』具足舎 2004 
『略伝暁烏敏』編 具足舎 2004
『賜る願い限りなく 暁烏先生に愛された田舎の人びと』北國新聞社出版局 2005 十方叢書
『念仏者は罪業の報いを受けない 私はなぜ教えにあわねばならなかったか』具足舎 2006
『病・老・死の世を生かされて 私はなぜ教えにあわねばならなかったか』具足舎 2006
『桃太郎の念仏 私はなぜ教えにあわねばならなかったか』具足舎 2006
『坊主は乞食だぞ 願われて生きる』樹心社 2007
『いのちが求めるもの』念林舎 2008