IN あす死ぬと (5首2句)

・あす死ぬと知りし特攻あす死ぬと知らざりし
 父原爆前夜
   (アメリカ)大竹幾久子 (朝日歌壇)

・「ママ、ママ」と呼んだのだろうが炎天のバスに閉じ込められた園児は
                 (観音寺市)篠原俊則 (朝日歌壇)

・ふんわりと大きな風船抱くように抱いてあげたい認知症の妻
                {越前市}  熊野市郎子 (若越歌壇)

・襖あけさっと隣へ行ったよなあざやかなりし母の往生 
               (和歌山市) 島村美穂  (大乗歌壇)

・ママと児が呼ぶように我もまた「なんまんだぶ」と弥陀さま呼びぬ
               (富山市)  石黒忠三  (大乗歌壇)


・短命も生ききる合唱蝉時雨
                (各務原市) 林 哲彦 (朝日俳壇)

・接種終へ命惜しむや蟬しぐれ
                (横浜市)   細野八重子 (朝日俳壇)


(出典 令和3年8月 紙誌)
【キーワード】終戦忌 認知症 大往生 バス園児熱中 蟬しぐれ 接種後感