IN 上見れば

上見れば 星、星、星、星 ほしだらけ
下見て暮らせ、ほしほしはなし

    徳川時代「知足安分(足るを知りて分
    に安んず」の意趣


(出典 伝聞)
【キーワード】 星 欲望 分に安んず