IN 宿題(お母さん)
平成3年
宿 題
 
     弓削小学校六年  中村 良子

今日の宿題は つらかった
今までで いちばんつらい宿題だった
一行書いては なみだがあふれた
一行書いては なみだが流れた

「宿題は,お母さんの詩です。」
先生は そう言ってから
「良子さん。」
と 私を呼ばれた
「つらい宿題だと思うけど
がんばって書いてきてね。
お母さんの思い出と
しっかり向き合ってみて。」

「お母さん」
と 一行書いたら
お母さんの笑った顔が浮かんだ
「お母さん」
と もうひとつ書いたら
ピンクのブラウスのお母さんが見えた
「おかあさん」
と言ってみたら
「りょうこちゃん」
と お母さんの声がした
「おかあさん」
と もういちど言ってみたけど
もう 何も 聞こえなかった

がんばって がんばって 書いたけれど
お母さんの詩はできなかった
一行書いては なみだがあふれた
一行読んでは なみだが流れた

今日の宿題は つらかった
今まででいちばんつらい宿題だった

でも
「お母さん」
と いっぱい書いて お母さんに会えた
「お母さん。」
と いっぱい呼んで お母さんと話せた

宿題をしていた間
私にも お母さんがいた


(出典 「親を大切にする子供を育てる会」
(川原真如会長)主催第2回こどもの詩コン
クールで特別奨励賞)
熊本県の蓮華院誕生寺大山真弘和尚縁
【キーワード】 亡き母 思い出 詩 宿題