IN 真民の詩 3篇

 「花」
花には
散ったあとの
悲しみはない
ただ一途に咲いた
喜びが残るのだ

 「生きる」
生きることの
 むずかしさ
生きることの
 ありがたさ
生きることの
 うつくしさ
まかせきって
 生きることの
 よろこびに
 燃えよう

 「しんみん五訓」
クヨクヨするな
フラフラするな
グラグラするな
ボヤボヤするな
ペコペコするな

(出典 坂村真民『念ずれば花ひらく』)
【キーワード】 花 散る 悲しみ 喜び
        一途 生きる 難しさ
        有り難さ まかせきる

参考 坂村真民(さかむら しんみん、1909年1月6日 - 2006年
12月11日)は、日本の仏教詩人。本名昂(たかし)。一遍の生き
方に共感し、癒しの詩人と言われる。