IN 死人となりて

生きながら死人となりてなりはてて
  思ひのままにするわざぞよき
         至道無難禅師
        
(出典 聞法ノーと)
【キーワード】 無欲 自在 無執着
 
参考
 至道無難(しどう むなん、慶長8年(1603年) -
延宝4年8月19日(1676年9月26日))は江戸時代
初期の臨済宗の僧侶。本姓は大神氏、俗姓は相川。
幼名は刑部太郎、通称は治太郎、源右衛門。俗諱
は親明(ちかあき)。号に却外、道時等。

白隠慧鶴の法祖父に当たることで知られる。関ヶ原
宿で本陣を営み、50歳前後で出家、寺を構えること
を厭い、庵を営んで過ごした。また法語を説く際には
好んで道歌を用いた。