IN おかげさま

  〝おかげさま〟
「夏がきたら 冬がええといい
 冬になったら 夏がええという 
 太りゃ 痩せたいといい 
 痩せりゃ 太りたいという
 忙しけりゃ 暇になりたいといい
 暇になりゃ 忙しい方がええという
 借りた傘も 雨があがったら邪魔 
 義理も人情も 愛情も良心も
 肉親の情も あらばこその世の中となる
 だれもかれも どこもかしこも
 かさかさ乾ききって 味気ないこの頃
 衣食住は昔にくらべりゃ 天国やが
 上を見ては 不平不満
 隣をながめては 愚痴ばっかり
  なんで自分を 見つめないのか
  静かに考えてみるがええ
  一体自分てなんやろう
 親のおかげ 先生のおかげ
 世間さまのおかげ
 おかげの塊が 自分やないか
 いくら長ごう生きても
 幸せのど真ん中にいても
 おかげが見えなけりゃ
 一生 不幸
    (かみどころ じゅうすけ)

(出典 東井義雄先生の本 or 放送)
【キーワード】自己本位 愚痴 比較
    忘恩 おかげ 不幸