IN 二尊の遣喚

前は弥陀後ろは釈迦に中は我
 押され引かれて参るうれしさ

(出典 古歌 伝聞 ノートより)
【キーワード】 二河白道 釈迦の遣言
        弥陀の招喚
参考
◎釈迦「きみただ決定してこの道を尋ねて行け、
    かならず死の難なけん。もし止まらばす   
なはち死せん」
 弥陀「なんぢ一心に正念にしてただちに来た
    れ、われよく汝を護らん。すべて水火
    の難に堕せんことを畏れざれ」

 ☆「玄義分」の序題門には、
「仰いでおもんみれば、釈迦はこの方より発遣し、
弥陀はすなはちかの国より来迎す。かしこに喚び
ここに遣はす、あに去かざるべけんや」(『真聖全』
一 ・四四三)
とあり、「散善義」の回向発願心釈には、
「仰いで釈迦発遣して指へて叫方に向へたまふこ
とを蒙り、また弥陀の悲心招喚したまふによりて
、いま二尊の意に信順して、水火二河を顧みず、
念々に遺るることなく、かの願力の道に乗じて、
捨命已後かの国に生るることを得て、仏とあひ見
えて慶喜することなんぞ極まらんと喩ふるなり」
(『真聖全一・五四一)
とある。また、『浄土文類聚鈔』には、
「仰いで釈迦の発遣を蒙り、また弥陀の招喚に
よりて、水火二河を顧みず、かの願力の道に乗
ず」(『真聖全』二・四五二、『聖典全書』二・二七四)
とある。