IN 遺産なき

・遺産なき母が唯一のものとして残しゆく『死』 を子らは受取れ
中城ふみ子
「花の原型」1955年(昭和30年)刊所収。

(出典 中城ふみ子 「花の原型」1955年(昭和30年)刊所収)
【キーワード】 遺産 死 形見 子ども 
        遺言 癌 夭折 歌人

参考 ①作者を岡本かの子とする誤記がネットに蔓延している。

②Wikepedia
中城 ふみ子(なかじょう ふみこ、1922年11月15日〈戸籍上は25日〉 - 1954年8月3日)は、日本の歌人。北海道河西郡帯広町(現、帯広市)出身。本名、野江富美子。妹の野江敦子も歌人。中城は離婚した夫の姓。戦後の代表的な女性歌人の一人で、後進に大きな影響を与えた。
生涯[編集]
 現在の帯広市にて、魚屋を営んでいた野江豊作・きくゑ夫妻の長女として生まれた。北海道庁立帯広高等女学校(現北海道帯広三条高等学校)を経て、東京家政学院(現東京家政学院大学)卒業。在学中に池田亀鑑の指導を受けて短歌を始める。1942年、20歳のときに北海道大学工学部卒で国鉄に勤務していた男性と結婚。3男1女を出産する。
 しかしふみ子の結婚生活は幸福なものではなく、夫は汚職に関与して高松市の鉄道管理局に転じたほか、女性問題も発生するなど、生活は乱れたものになっていった。その傍らで学生時代以来の短歌を再開し、小田観螢主宰の歌誌「新墾」への投稿を始める。その後子供たちを抱えて帯広へ帰郷し、1951年に夫と協議離婚。東京での就職を志すが、果たせず帰郷する。帰郷間もない1952年、乳がんと診断され、左乳房の切除手術を受けた。だがすぐに再発転移していることがわかり、妹の嫁ぎ先である小樽に身を寄せて札幌医科大学附属病院で放射線治療を始めた。1953年、『潮音』同人となる。
 1954年4月、第1回『短歌研究』50首詠(後の短歌研究新人賞)応募作「冬の花火―ある乳癌患者のうた」が編集者中井英夫に見出され、特選となる。中井の考えにより雑誌発表時は「乳房喪失」と改題され、50首中42首の掲載となった。同年7月1日、川端康成の序文を付けた第一歌集『乳房喪失』を刊行。ふみ子自身はこのタイトルに反発していたが、中井の強い主張に最終的には折れた。『乳房喪失』は歌集としては異例のベストセラーとなる。同年7月29日、病状が悪化し中井英夫が北海道へ飛び見舞う。このときふみ子は中井を待たせて化粧してから面会している。しかし中井が帰京した翌々日、ふみ子は8月3日に病死してしまう。31歳の若さだった。
作品と評価[編集]
 作品の主要テーマは恋愛と闘病である。大胆な身体描写、性愛の表現は、当時の歌壇では賛否両論であった。評者の道徳観を押し付けるような作品批判を受ける一方、五島美代子、葛原妙子、長沢美津ら、『女人短歌』(女性歌人による超結社集団)のメンバーからは擁護された。近年は我が子をテーマにした歌も注目されている。また、表現技法の点では、葛原や森岡貞香からの影響が指摘されている。寺山修司はふみ子の短歌に衝撃を受けて自らも短歌を詠み始め、ふみ子受賞の次回度に短歌研究50首詠を受賞した。
 ふみ子の生前に病室を訪れて取材した時事新報記者・若月彰によって、1955年に評伝『乳房よ永遠なれ』が書かれ、10万部が売れるベストセラーになった。同年中に、この評伝を原作とする映画『乳房よ永遠なれ』(日活、田中絹代監督、月丘夢路、葉山良二主演)が制作、公開され、ふみ子の名は広く知られることになった。
 川端康成は小説『眠れる美女』にふみ子の歌を登場させ、渡辺淳一はふみ子をモデルにした小説『冬の花火』を書いている。

③《岩田享の短歌工房》より
  歌意「死んでゆく私には母として残していく遺産もないが、私の『死』を唯一のものとして受取って欲しい。」

 子を残して死んでいく身としては、心残りだったろう。資産家ならまだしも、病気発覚後に離婚して一人で子育てしていた作者だ。その心情は痛々しいまで迫るものがある。

 とかく「赤裸々」「自己劇化」「あらわ」「奔放な男性遍歴」と言われる中城ふみ子だが、作品の底流には「愛(いと)おしみ」がある。

 それは子らへのものであり、パートナーへのそれであり、何より自分の生への「愛おしみ」だ。女が一人で子育てをする。そういうことが困難極まる時代でもあった。時には「歪んで」見えたこともあろう。

 だがそれは中城ふみ子の一面に過ぎない。デビューとなった「短歌研究30首詠」が鮮烈だっただけに、そういった固定感念で見られるのは不幸な出発だったと言えるかも知れない。

 中城ふみ子を気取って、夫婦喧嘩の中身まで「あからさま」に短歌の素材にする人がいるが、僕は賛成出来ない。そんなに家庭の事情を晒すなら、スッピンで歩けばよい。

 中城ふみ子の次の作品を読めば違う中城ふみ子像が見えてくる。

・悲しみの結実(みのり)の如き子を抱きてその重たさは限りもあらぬ・

・陽に遊ぶわが子と花の球根と同じほどなる悲しみ誘ふ・

・ポニーテールの髪のわが娘と草はらに遊ぶ再婚せぬと決めては・

・もはや子を産むこともなきわが肢は秋かぜの中邪慳に歩ます・

・燃えむとするかれの素直を阻むもの彼の内なるサルトル・カミユ氏・

・幼らに気づかれまじき目の隈よすでに聖母の時代は過ぎて・

 寺山修司とほぼ同時期のデビューだけに、中城ふみ子も前衛短歌に入れられる場合があるが、前衛短歌は岡井隆・寺山修司・塚本邦雄による男性の運動であり、中城ふみ子はむしろ「女歌」の新境地を拓いたというべきだろう。

 「女に前衛短歌はなかった」とは馬場あき子の言葉である。

 最後に中井英夫の言葉を記しておく。

「新人五0首の第一回、四月号に私の推した中城ふみ子『乳房喪失』は、同じく6月号の『短歌』に川端康成の推薦で『花の原型』が飾られるに及んで評価を一変し、歌壇の長老がどう罵ろうとも、その声をかき消すまでに無名の短歌大衆から圧倒的な支持を受けるに至った。」(「寺山修司青春歌集」解説)

 文壇を唸らせる短歌作家が、現代の歌壇にいるだろうか。