IN 極楽は十万億土

「あの一休さん(一休宗純禅師)と本願寺第八代の蓮如
上人とは、宗派を越えて、同時代を生
きる(年齢差 約20歳)友としての出会いがあったといい
ます。一休さんは、寛正二年(1461)
本願寺で営まれた親鸞聖人の二百回遠忌法要にも、
お参りしました。その時に一休さんが詠ん
だ歌が、

『襟巻の あたたかそうな 黒坊主
こやつが法は 天下一なり』

といわれます。親鸞聖人の御木像が黒漆で塗られてい
るところから、 一休さんは親鸞聖人のことを 『黒坊主』
とか『こやつ』と言ったわけです。
 そして一休さんは、阿弥陀経に 極楽が 『従是西方
過十万億仏土』(これより西方に、十万億の仏土を過ぎ
て)と説かれていることを指して、

 『極楽は 十万億土と 説くならば
  足腰立たぬ 婆は 行けまじ 』

と、厳しく詠います。
 すると 蓮如上人が、

 『極楽は 十万億土と 説くなれど
  近道すれば 南無 のひと声』

と返歌されたという エピソードが伝えられています。な
るほど、私が自分の力で歩むのなら、十万億の仏土の
彼方の極楽へは、とても往くことはできないでしょう。し
かし、阿弥陀さまの方からこの私へ届いて下さるお念仏
(南無のひと声)ならば、『今、このまま』が浄土へ通じて
いる、そんな他力念仏の心持ちを見事に詠ってあると思
います。」

《参考》近道=「愚鈍往きやすき捷径なり」
(宏壽)
        
(出典 浄土真宗本願寺派 島根・温泉津、西楽   
寺さんの Home Page
   『心のしおり』(220421)に藤栩霊昌師も   引用)
【キーワード】極楽 過十万億仏土 修行
南無帰命 一念