IN 丁度いい

仏様の言葉「丁度よい」

お前はお前で丁度よい
顔も身体も名前も姓も
お前にそれは丁度よい
貧も富も親も子も
息子の嫁もその孫も
それはお前に丁度よい
幸も不幸もよろこびも
悲しみさえも丁度よい
歩いたお前の人生は 
悪くもなければ良くもない
お前にとって丁度よい
地獄に行こうと極楽に行こうと
行ったところが丁度よい
うぬぼれる要もなく卑下する要もない
上もなければ下もない
死ぬ月日さえも丁度よい
仏様と二人連の人生
丁度よくないはずがない
丁度よいのだと聞こえた時
憶念の信が生まれます
南無阿弥陀仏

        
(出典 石川県野々市町の真宗大谷派
常讃寺坊守(住職の妻)藤場美津路さんが
月に一度発行する寺報「法友」の82年2月号
に掲載されたもの)

【キーワード】 人生 落在 受容 
        仏と二人連れ 

参考
.2002.03.03

お前はお前で丁度よい
顔も身体も名前も姓も
お前にそれは丁度よい。
貧も富も親も子も息子の嫁もその孫も
それはお前に丁度よい。
幸も不幸もよろこびも
悲しみさえも丁度よい。
歩いたお前の人生は悪くもなければ良くもない。
お前にとって丁度よい
地獄にいこうと極楽にいこうと
いったところが丁度よい
うぬぼれる要もなく卑下する要もなく
上もなければ下もない
死ぬ月日さえも丁度よい。
お前はそれは丁度いい。


良寛作として杉板に印刷され、みやげ物として
全国の観光地に出回っている詩「丁度よい」は
野々市町の真宗大谷派常讃寺坊守(住職の妻)
藤場美津路さんが月に一度発行する寺報「法友」
の82年2月号に掲載されたものだったそうです。
みやげ物の文面は題が「丁度よい」だけになり、
後の5行が省かれています。
まるっきり盗作↑
(出所無断直リンしようと思いましたが消えてました)