HY 生れたついでに

 世の中で、何が一番面白いか・・・ちゅうて、こんな面白い話、
先ずはなかろうなァ。
 今を去ること六十四年昔、つまり、敗戦の半年前も事。学徒
出陣で、海軍予備学生に召され、旅順港基地で日夜猛訓練に
明け暮れしていた。
 ある日、ある時、航海術の科目で、教官はいきなり質問
 〝航海術の目的は何か?〟
 陸軍方式の質問なら、それぞれ5年~10年、
学校教練の経験をもってるが、海軍方式のはまるで皆無。
グーとも、スーとも、シシラのシーン。
 航海科出身の若い教官は片頬にニタッ!と笑みを湛え
 〝貴様らは、生れたついでに、死ぬまで生きるンか!〟
 この一言、何よりも効く。
森 正隆

(大阪 阿倍野区 蓮光寺 前住 森正隆 『和尚の硯箱』
  446号)

【キーワード】 航海術の目的 人生の目的
         無自覚 無目的 漠然