HY 寺に参らぬ口実

① まだ歳が若いから (でも無常・老少不定)
② どうも忙しくて  (慰安旅行にはいくが)
③ 寺参りしなければならぬほど
  悪いことはしていない (罪の自覚なし)
④ 何のご利益もないから (大利を知らぬ)
 ・・・宗教はこのごろ「不在」(帰る日もある)
から「無住」(ぺんぺん草)になった。
        
(出典 中川静村 の ことば)
【キーワード】 寺ばなれ 無信心 末世