HY 天台智顗(ちぎ)の菩薩階梯

「中国の御釈迦様」とまで言われた天台大師智顗は、
日本の伝教大師最澄の師でもあった名僧であったが、
臨終のとき弟子が尋ねた。
  「師は(菩薩階梯の)五十二段のどこまで登  
   られましたか」
師「少し昇ると弟子の指導、このくり返し故、  
   第一段までも至らなかった」

(出典 浅田恵真和上 法話)
【キーワード】 菩薩階梯 難行 自覚

参考 善導は自分を「信外の軽毛」(第一段の
   信に及ばない、軽薄なもの)と言われた
   ことと同趣。