HY 音楽演奏 (仏陀ー経典ー実践)

お釈迦様は作曲家
お経はその楽譜
その生演奏が我々の信仰実践である

 釈尊はいろんな場面でそれぞれに適合した
応機説法をなさった。いわば、いろんなモチーフ
の作曲をされたのである。
 その作曲をとどめた楽譜が八万四千の法門・
経典である。
 自分に一番ふさわしい楽譜を選んで生演奏し
人生を最も有意義たらしめるのが我々の信仰
実践であるといえよう。
 凡夫には「如来の本願」という作曲が最適で
ある。無量寿経という楽譜ができている。それを
演奏すると「ナムアミダブツ」のハーモニーが盛り
上がってくるのである。
 演奏がなければ、作曲も楽譜も、人に知られない。
信仰実践の大切な所以。

(出典 宏壽 聞法ノート 青山俊董師の法話よ
             り取意、補説)
【キーワード】作曲 楽譜 演奏 釈尊 経典
  信仰実践 本願 無量寿経 念仏