HY 何も信じられない

 夫(五十二歳)をガンで亡くした妻(四十八歳)。報恩講
のおつとめ、一口法話のあと:
「私は何も信じられない。どういうてもこういうても事実は
変わらないんだから、私は何も信じられない」

(聞法ノート
K家の娘ー他家へ嫁いだーの言 H十七年十一月
二十七日)
【キーワード】 心塞意閉 
        汝是凡夫 不能遠観
     事実にはまり込んで真実がみえない
     「なぜ私が?」


《参考》
 ☆キサゴータミの開眼
 ☆韋提希の号泣と見仏