HY 雨だれ

「雨だれがおちてきて、アスファルトに当って
跳ね上がる。跳ね上がるのは、落ちてきた雨
だれの力である。
 南無阿弥陀仏というお名号(雨だれ)が、私
(アスファルト)に至りとどいたのが信心。そして
お念仏(跳ね上がり)となって口からこぼれでる。
私がお念仏を称えられるのは、阿弥陀仏のは
たらきにほかならない。

(出典 小林顕英 本願寺御正忌御堂布教
    22-1-14)
【キーワード】名号 他力 回向 信心
    称名 雨だれ 跳ね上がり