HG  出発点

「生かされている」ということは結論ではない。
生かされているいのちを知らされたことは出発点である。
               池田勇諦

 生かされているいのちをどう生きるのかということが、一生
涯、いのちあらんかぎり問われていくのではないか。
 そこに「供養の生活」ということが注目させられる。身命財
を投げ捨てて正法を護持することこそ供養ではないか。

(出典 池田勇諦 『ともしび』597号)
【キーワード】 生かされている 気づき
 発起 思いたち 供養 正法護持