HG 生死流転

仏法を聞かせてもらうまでは、この世は生死
海でもなければ、もちろん浄土でもなかった
はずです。そのような私の世界というものを生死
流転といいます。
 生死流転というのは、最も易い言葉でいえ

「生きても生きても、生きたことにならない世
界」ということです。

(出典 大森 忍『二河白道のおしえ』61頁)
【キーワード】 人生 空過 仏法 目覚め