HG 之を楽しむ

之を知る者は 之を好む者に如(し)かず
之を好む者は 之を楽しむ者に如かず
               (論語)
 <之=学問・道・真理>

参考 愛楽仏法味(あいぎょうぶっぽうみ)
   (仏法の味を愛楽する)(天親)

  仏法を知識として知っているのは序ノ口
  仏法でなければならぬと力むのは中盤
  仏法が身についていつも楽しむのが本番
   それが自然法爾の世界である。
   それが「遊」のこころである・
  「遊煩悩林現神通」(親鸞)
  「大悲心に薫じて法海に遊ぶ」(善導)

(出典 聞法ノートより)
【キーワード】 愛楽 体解 法味楽
       自然法爾