HG  覚悟なくして死ねる道

念仏は、この生死にあって、どんなことがあっても
よいと悟りをもって生き、いつ死んでもよいという
覚悟の出来て死ぬ道ではなく、悟りも
なく悩みのままに生き、覚悟なくして死ねる道
であります。生きて生きられず、死んで死に切れ
ぬ凡夫が,恩愛生死のなかに生死させて頂ける
道が、念仏往生の道でないかと思うのであります。
        
(出典 正親含英 『浄土のおしえ』法蔵館
  『古今法語集』永田文昌堂に転載)
【キーワード】 死の覚悟 死ねる 念仏
    生死つきがたいまま