HG 過去が救われる

「手のつけようもなく終わってしまったはずの過去が、
浄土の光に遇うことによって全部有意義なものとして、
光の中に復活してくる。それが救いということでしょう」
ー浄土に往生するという救いは、具体的には過 去が
救われるということだ。
ー自分の過去に裏打ちされている阿弥陀の願行
 が自分の過去を救う

(出典 広瀬杲『観経疏 定善義』I 347頁 )
【キーワード】浄土往生 過去の救い