HG  大悲の智慧

大行とは大悲の智慧である。
              金子大榮

この言葉を曾我量深先生が絶賛されたという。
       
(出典 広瀬 杲 『ともしび』628)
【キーワード】 大行 称名 大悲 智慧

参考 
☆「大行」とは大悲の行、悲願の行である
 同時に「円融至徳の嘉号は悪を転じて徳とな 
す正智」(智慧)である。
 …親鸞の宗教の本質を一言で言えば「悲」と 
いう性格。具体的には「転成の智慧」として
 働くのだ。
  転成の智慧とは
 ・・・「我に都合の悪いものを排除していた私
     から → 都合が悪いとしてきたこと    
     自体が、実は私を育てる重要な要素で
    あったと気づくー私の中での大きな変    
    革なのである。(広瀬杲)

☆仏は智慧と慈悲のお方。一応、智慧と慈   
  悲とは別に受け取られる。
   曇鸞は「真実の智慧は真実の慈悲を生ず」
   といわれている。
   しかし、今金子先生は「大悲の智慧」と
   いわれた。如来の悲願成就された名号が
   そのまま「智慧の念仏」だという意味で
   あろうか。所詮、念仏は如来の智慧と慈   
   悲の結晶であろう。(宏壽)